- `)。oO(少女小説読みの日記)

女子向けライトノベルの感想をだらだら綴ってます

2017 07  ||  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ||  2017 09

スポンサーサイト

   -------- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Loading...

高殿円「プリンセスハーツ 麗しの仮面夫婦の巻」

   2008-09-16  Tag : 高殿円ルルル文庫プリンセスハーツ香代乃
プリンセスハーツ―麗しの仮面夫婦の巻 (ルルル文庫)プリンセスハーツ―麗しの仮面夫婦の巻 (ルルル文庫)
(2007/05)
高殿 円

商品詳細を見る

 父を倒しアジェンセンの大公となったルシードは、パルメニアで人質として過ごした際に心の支えとなった王女メリルローズを妃に迎えた。ところがパルメニアが寄越したのはメリルローズそっくりの少女ジル。ふたりは仮面夫婦となるが。
 ビーンズ文庫刊「遠征王シリーズ」の主人公・アイオリアの祖父母が主役の宮廷ロマン、1巻目。相変わらずの設定盛りで覚えるのが大変ですが、面白かったです。

 悪魔的に冴えた頭脳と知略を持つ鉄面皮のジルと、武の王で大ざっぱ、子供っぽいところのあるルシード。パルメニア打倒という目的のために手を結んだ仮面夫婦でありながら、しだいに意識し始める感じがもうなんともいい感じです。

 しかしジルの手腕スゲー。陰謀スゲー。そして犯人の運命が悲しすぎる。
Loading...
Comment













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://calatte.blog56.fc2.com/tb.php/110-43d96e9b


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。