- `)。oO(少女小説読みの日記)

女子向けライトノベルの感想をだらだら綴ってます

2017 09  ||  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ||  2017 11

スポンサーサイト

   -------- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Loading...

剛しいら「黒の騎士と赤の淑女 神の眠る国の物語」

   2009-04-20  Tag : 剛しいらビーズログ文庫神の眠る国の物語佐倉汐
黒の騎士と赤の淑女 -神の眠る国の物語- (B’s‐LOG文庫)黒の騎士と赤の淑女 -神の眠る国の物語- (B’s‐LOG文庫)
(2007/10/15)
剛 しいら

商品詳細を見る

 ゴシュラム騎士団に所属する孤高のレディ騎士ジョージア。ハッシュウィルとの戦いのさなか、窮地に陥った彼女の頭をよぎったのは、故国シェルランドでの日々だった。
 「神の眠る国」シリーズの番外編でレディ騎士の生い立ちから現在までを描いた作品。男として育てられた女性ものの王道的ストーリーですが、面白かったです。

 父と母の思惑に翻弄されながらも、彼らを憎むことなく静かに受け止め、自分らしさを貫いたジョージアがステキでした。
 師匠と従者に恵まれたのが救いでしたね。ジョージアを男の子と思っていた幼馴染みの女の子の暴走ぶりにはちょっと苦笑してしまいましたが。

 回想が終わり、舞台を本編の時間軸に戻してからは、戦いやラウル(=シーナ)に関して思うことなど、いつも超然としている彼女の内面が描写されて興味深かったです。
 そしてなんといっても同僚・ジュードとのラブが書かれていてうれしかったなあ。天性の明るさでジョージアの懸念をやすやすと飛び越えるジュードがすごく恰好よく見えました。口説き文句も破壊力抜群。二人らしいやりとり、落とし所がとてもよかったです。
Loading...
Comment













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://calatte.blog56.fc2.com/tb.php/122-32df52ce


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。