- `)。oO(少女小説読みの日記)

女子向けライトノベルの感想をだらだら綴ってます

2017 10  ||  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ||  2017 12

スポンサーサイト

   -------- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Loading...

谷瑞恵「伯爵と妖精 魔都に誘われた新婚旅行」

   2009-04-27  Tag : 谷瑞恵コバルト文庫伯爵と妖精高星麻子
伯爵と妖精魔都に誘われた新婚旅行 (コバルト文庫 た 16-40)伯爵と妖精魔都に誘われた新婚旅行 (コバルト文庫 た 16-40)
(2009/04)
谷 瑞恵

商品詳細を見る

 新婚旅行中のリディアとエドガー。ブルターニュ地方の薔薇色海岸へ向かう途中の列車でフランシスという青年と出会う。全く面識のないエドガーに知り合いのように近づいてきた彼の真意とは。一方薔薇色海岸では過去何件か女性が失踪する事件が起きており、海底の都へ誘われていったのだという噂があった。どうやら妖精が絡んでいるようで……。
 シリーズ19作目(愛好者読本含め)は、新婚旅行先でリディアとエドガーの愛情が試される展開となっています。二人の心の問題がクローズアップされつつ、青騎士伯爵関係の方にも進展が。

 あー本当におもしろかった!!実は前作、結婚式はしたものの、二人の心理描写がアッサリ目でどこかもの足りない印象だったんですね。今回はもう嫌って言うほど、こんな自分でいいのだろうかという悩みだったり、お互いへ向ける切ない想いが描かれていて、もうお腹いっぱい。大満足でした。リディアの変化がすごくよかったなあ。
 ていうか、隙あらばスキンシップを図ろうとするエドガーに今までリディアは大手をふって拒んでオッケーだったけど、結婚した以上拒む理由がないのでいつも気が抜けない感じでニヤニヤでしたw

 初登場キャラのフランシス。長髪・眼帯の軽薄なんだか一途なんだかよくわからん素敵なおにいさんですが、彼は意外に重要キャラになるようですね。
 また、アーミンの登場もありましたがやっぱり彼女の行動はよくわからないです(誰か解説してください~)。

 そして一番の笑いどころはケリーとレイヴンやりとりでした。随所にいい侍女ぶりを発揮してくれているケリーなのに、レイヴン、基本超スルー。ニコしか見えていませんw 会話が成立したかと思えば年増認定だよ……気の毒に……。
Loading...
Comment













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://calatte.blog56.fc2.com/tb.php/131-d44e7e34


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。