- `)。oO(少女小説読みの日記)

女子向けライトノベルの感想をだらだら綴ってます

2017 03  ||  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ||  2017 05

スポンサーサイト

   -------- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Loading...

前田珠子「破妖の剣外伝 言ノ葉は呪縛する」

   2009-04-30  Tag : 前田珠子コバルト文庫小島榊
言ノ葉は呪縛する (コバルト文庫 ま 2-86 破妖の剣外伝)言ノ葉は呪縛する (コバルト文庫 ま 2-86 破妖の剣外伝)
(2009/05/28)
前田 珠子

商品詳細を見る
 父は魔性の頂点に立つ金の妖主、母は魔性を狩る組織・浮城の元城長。そんな稀有な生まれで魔性を滅する破妖剣の使い手となったラエスリールと、その護り手である柘榴の妖主・闇主の物語。
 7冊目の外伝で、中編と短編を1作ずつ収録。妙に砕けた人物紹介(ラスの弟・リーダイルを超弩級のシスコン認定w)、名場面つきのシリーズごとのあらすじ、キーワード集なども収められた「新規さんカモーン☆」な作りになっています(いや、無理だろ……)。
 イラストレーターさんが変更になってますが、既存のイメージを壊さないよう随分がんばってくれている様子で好感を持ちました。

◆「言ノ葉の呪縛 夢ノ扉」
 「言ノ葉姫」――それは言霊の力で魔性の脅威すら退けるマヤフの守護たる女性。「言ノ葉姫」の妹・リエンカは10歳ときに火事に遭い、先に王都で亡くなった姉の遺言を届けにきた青年レンバルトに救われる。以来一緒に暮らしてきた彼にいつしか恋心を抱き……。
 「言ノ葉姫」に縛られた青年と少女の恋愛もの。どうも「言ノ葉姫」というものが、元はなかった思いつきの後付け設定のような気がして、物語世界と馴染まないように思えました(そういった存在がいるって既刊に書かれてましたっけ?)。
 ストーリーとしては、恋する女の子は最強です!みたいな感じ(適当)。自分が恋愛対象に見られていない苛立ちだとか、姉への嫉妬だとか、揺れる少女の気持ちが描かれていて楽しめました。 リエンカの真心がレンバルトに変化を齎し、いつしか二人の間に絆がしっかりと結ばれていたのがよかったですね。
 ラスと闇主の出番はほんのちょっと。ラスが自分の桁外れの能力を正しく理解しておらず、呆れられたり周囲の苦労を偲ばれたり、闇主をあいつよばわりして"あのお方をそんなふうに……!"的に冷や汗をかかせる場面などにニヤリでした。


◆「アイの言葉」
 童顔と素直さで周囲から愛されている花屋の青年エンランド。彼は到底手の届きそうもない高嶺の花に恋をして……。
 思いこみの激しい青年がラスに恋するお話。花言葉を絡めた軽いコメディです。
 闇主が欲しがった花の花言葉の似合わなさ[ネタバレ:恥じらい]、ラスが闇主に似合うと思った花の花言葉[ネタバレ:死ぬまで憎みます]にウケました。
 ひとつの花にいくつかの花言葉があることを使ったオチがうまいです。普通に楽しかったです。


:: 追記 ::
空夢ノート」さんの感想に超同意です(特に後半部分)。読者が期待しているのはそこです、先生!
Loading...
『空夢ノート』のりるです、初めまして!!

とても前向きに作品を読んでらっしゃるんだなぁと
好感をもつ感想記事ばかりですね!!
それが嬉しくってTBさせて頂いたんですけど…
送りっ放しですみませんでした…(笑)。

追記も嬉しかったです。 
ホントにそうですよね!! そこが読みたいですよねw
これからもどうぞ宜しくお願いいたします!!
[ 2009/05/14 21:35 ] [ 編集 ]
うわ、わざわざコメントまでありがとうございます~恐縮ですっ…!

実はトラックバックのシステムがいまいちわかっていなくて、今日まで勉強してましたw
よそ様にコメントを残すのもこれまた初めてで、後から読だらスゲー変な文章で、ぐわー!!とか思ったんですが、やさしいお返事をいただき感激しております……。

りるさんのプロフにあった「本と私」にとても感銘を受けました。ステキですねー。私もそうありたいと思います。(…と、りるさんのblogにコメントしたかったんですが、緊張してアレだけ残すのが精いっぱいでしたww)

こちらこそ今後ともよろしくお願いします。
[ 2009/05/14 22:59 ] [ 編集 ]
私はシリーズ再開を機に読み始めましたが、やはり新規読者は少なそうですね。ブログをまわっていると、ごくまれに見つけますが。
[ 2009/10/18 23:32 ] [ 編集 ]
Lizさんこんにちは!コメントありがとうございます。

未完作家と名高いマエタマを手にとるとはなんというチャレンジャー!!
……なんて言ったり、感想ではあんなふうに書いていますが、新規読者さんが増えるというのはとてもうれしいことです。

完結するといいですね……(遠い目
[ 2009/10/19 08:44 ] [ 編集 ]
Comment













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://calatte.blog56.fc2.com/tb.php/134-16a2d35f

『言ノ葉は呪縛する 破妖の剣外伝』前田珠子(小島榊・挿画)集英社コバルト文庫『この鈍感娘はいつになったらそういう意味でおれを求めてくれるんだか…』数年ぶりの『破妖』の帰還、おめでとうございます!! っていうか、私が嬉しいです!! このシリーズとは何年付き合...
[2009/05/09 20:00] 空夢ノート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。