- `)。oO(少女小説読みの日記)

女子向けライトノベルの感想をだらだら綴ってます

2017 09  ||  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ||  2017 11

スポンサーサイト

   -------- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Loading...

ひずき優「セレブな恋の咲かせ方 女子高生は外交官!?」

   2009-05-06  Tag : ひずき優コバルト文庫山下ナナオ
セレブな恋の咲かせ方―女子高生は外交官!? (コバルト文庫)セレブな恋の咲かせ方―女子高生は外交官!? (コバルト文庫)
(2007/12/26)
ひずき 優

商品詳細を見る

 外務省で働く従兄・偲に恋している高校生の桜。彼の力になり、ゆくゆくは肩を並べる存在になりたいと自身も外交官を目指し努力する毎日。そんな中、偲に連れられて行った食事会で、留学中の石油王の御曹司・ラジャに気に入られてしまう。彼の国の文化を紹介する手伝いをすることになった桜だったが、ラジャに強引に迫られて……。

 軽薄なノリのお話を想像していたのですが、浮ついたところが少ない主人公が恋と夢に向かって努力していく、意外に堅実なお話でした。
 
主人公が将来のために人脈作りをしたり、文化紹介のイベントに関わったりと頑張る姿、大人な偲に対して心揺れたりする様子などはよかったのですが、うーーーん。[ネタバレ:恋にしても外交官の夢にしてもきちんとした結果が得られる作りではないからか、]なんだかもやもやする読後感。

 主人公とラジャのやりとりが楽しくなかったのも残念です。彼がどうして主人公を好きになったのか謎で、強引な迫り具合はちょっと不愉快でした(セクハラ度:高)。

 主人公の周りには偲とラジャの他にも、わけあって偲が世話している少年(愛想はないけど優しい)、同級生(大物政治家の息子でクールビューティ)などが取り揃えられ、逆ハー仕様になっているのですが、どうにも書き割り的でショボーン。特に同級生の扱いには泣けるものがありましたよ……。
Loading...
Comment













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://calatte.blog56.fc2.com/tb.php/144-ff1761b4


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。