- `)。oO(少女小説読みの日記)

女子向けライトノベルの感想をだらだら綴ってます

2017 04  ||  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ||  2017 06

スポンサーサイト

   -------- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Loading...

ゆりの菜櫻「伯爵は聖乙女にキスをする」

   2009-05-16  Tag : ゆりの菜櫻ティアラ文庫氷栗優
伯爵は聖乙女にキスをする (ティアラ文庫)伯爵は聖乙女にキスをする (ティアラ文庫)
(2009/06/03)
ゆりの 菜櫻

商品詳細を見る

 幼くしてフランス人の父を亡くし、母と二人暮らしをしている高校生・真梨。彼女には繰り返し見る夢があった。金の髪と青い瞳を待つ騎士との切ない恋の夢――。17歳の誕生日、真梨は夢の中の騎士と瓜二つの青年と出会う。怪我をした彼を助け、再会を約束するが、絶縁状態だった父の実家・リス家からパリの屋敷に戻るよう要請され、約束を果たせないまま海を渡ることに。リス家は聖少女ジャンヌ・ダルクの末裔で、一族に伝わるジャンヌの遺品「ダルク・タブレット」をめぐり陰謀が進行しており、身を守る必要があるらしく……。 
 公式発売前なので以降は「続きを読む」で。
 「キスだけじゃ終わらない」ティアラ文庫創刊ラインナップの一冊は、BL作家さんによるジャンヌ・ダルクの生まれ変わりのお話です。前世で結ばれなかった恋人と出会い、再び惹かれあうというベッタベタなお話+奇跡を起こす石「ダルク・タブレット」をめぐる冒険(?)もの。

 むーー、一言で言うと陳腐……?(うう、偉そうにすみません…)
 自分的には主人公・ヒーローともにあまり魅力を感じられず、せっかくのベタラブも残念ながらのりきれませんでした。ヒーローの他にも主人公を憎からず思っている美形が二人、という逆ハー要素もありなのですが、主人公をめぐる鞘当てやかけあいなどもいまいち楽しくなくて、萌えられなかったですね……。

 [ネタバレ:実は行方不明になっている]ダルク・タブレットにまつわるお話はそれなりに楽しめました(陰謀はしょぼかったけど)。明らかになった事実も切なくてよかったです。

 そして問題のキス以降の部分ですが、展開上当たり前にある感じで特に違和感はありませんでした。しっかり描写&甘々ゆえに読んでいてこっぱずかしくなったのは事実ですが。
 結論として、エロのための物語ではなくて、ちゃんと物語の延長上に性描写があり、それが普通の少女系ライトノベルより濃い、という感じ。
 あ、イラストも最中をしっかり描いてあるので人前で読むのは要注意ですよ!
Loading...
Comment













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://calatte.blog56.fc2.com/tb.php/152-250f2199


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。