- `)。oO(少女小説読みの日記)

女子向けライトノベルの感想をだらだら綴ってます

2017 07  ||  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ||  2017 09

スポンサーサイト

   -------- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Loading...

斎王ことり「レッド・プリンセス 大舞踏会は薔薇のドレスで」

   2009-06-12  Tag : 斎王ことりビーズログ文庫レッド・プリンセス山岡鰆
レッド・プリンセス 大舞踏会は薔薇のドレスで (ビーズログ文庫 さ 1-3) (B’s‐LOG文庫)レッド・プリンセス 大舞踏会は薔薇のドレスで (ビーズログ文庫 さ 1-3) (B’s‐LOG文庫)
(2009/05/18)
斎王 ことり

商品詳細を見る

 10歳ほどで心の時を止めてしまっている第三王子・ファイシスのお世話係となった辺境貴族の娘ルージュ。ファイシスが突然言いだしたルージュと結婚したい発言は、双方の今後を考え、なかったものとして処理された。そんな中、ルージュは第二王子デュークから高価なドレスを山ほど贈られ、意図が分からずに戸惑う。一方で、ファイシスのためのコンフィチュール作りに必要な桃探しに奔走する中、ここ最近頻発しているらしい子供の誘拐事件を目撃して……!?
 シリーズ2巻目。ロココっぷりの甚だしいこってり舞台で、型破り暴走系な主人公が舞踏会に出たり、桃を探したり、陰謀に首をつっこんだり(※決して巻き込まれたわけではない)するお話です。(いちいち彼女のフォローをして回る幼馴染みの騎士・アレクシスがとっても気の毒になりました……)
 ちなみに、前作で残された主人公自身の謎はほぼスルー。次に持ち越しのようです。

 えー、お話の自体は手堅く普通に面白いのですが、個人的に守られヒーロー(ファイシス)と暴走少女というメインカップルがやっぱり好みとは違うため、いまいち萌えられなかったですね。ラブ至上主義者としてこれは痛い……。
 1巻に比べファイシスが目覚ましい成長をしていて、今後は彼の活躍も期待できるのかもという気はしますが、続きは様子見かなあ、という感じです。

 たらし怪盗(?というより仕事人?)のガーゴイル[ネタバレ:←実はファイシスの別人格]とルージュのやりとりは、軽快ながらちょっと危険な香りがして楽しかったです。
 また、尊大な第二王子のデレっぷりが素晴らしく、ルージュの弟は色々スーペルでした。

 ノイエフランスにレアパリなのにイタリアはイタリアなんだーって思ったけど、まあ、そんなのはどうでもいいことですね。
Loading...
Comment













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://calatte.blog56.fc2.com/tb.php/177-a6662be5


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。