- `)。oO(少女小説読みの日記)

女子向けライトノベルの感想をだらだら綴ってます

2017 07  ||  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ||  2017 09

スポンサーサイト

   -------- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Loading...

甲斐透「エフィ姫と婚約者」

   2009-07-22  Tag : 甲斐透ウィングス文庫凱王安也子
エフィ姫と婚約者 (新書館ウィングス文庫)エフィ姫と婚約者
(新書館
ウィングス文庫)
(2009/07/10)
甲斐透

 パスカの王女エフィは13歳。この度隣国ユリオスの王・レオンに嫁ぐことになった。歴史だけが取り柄のパスカと違い、ユリオスはレオン王のもと急激に勢力を伸ばしつつあり、エフィに求められたのはユリオスに恭順を示すためのいわば人質同然の政略結婚であった。ところがユリオスに向かう道中、従者たちの裏切りに遭い、エフィは命の危険に晒される。窮地を救ってくれたのは、アトゥと名乗る背の高い女占い師で……!?
 「小説Wings」掲載の1話、2話に書き下ろしの3話目を加えた連作短編集。13歳のお姫様と25歳の王様、政略結婚による年の差カップルのアレコレを描いたお話です。
 
 ワタクシ、ウィングス文庫から出ている甲斐さんの作品はすべて読んでいるのですが、実はそれほどツボではなかったのですね。しかしながら、今作は主人公・エフィと相手役・レオンのいきいきとしたキャラクター、二人の繰り広げる攻防が楽しくて、大変面白く読むことができました。年の差カップル話に求められる要素はばっちり組み込まれていましたね。

 お転婆で意地っ張りといった年相応のかわいらしさと同時に、王女としてどうあるべきかを理解し、守られるだけではない凛とした面を持つエフィが素敵です。
 一方レオンは王位継承者がばたばた死んだためにお鉢が回ってきた、女グセとガラの悪い俺様王。けれども意外に面倒見がよくて憎めない。内外に敵を抱えながらも、「どうせなるなら一流の王に」という彼もやっぱり素敵だったです。

 そんな二人のラブにはとってもゴロゴロさせていただきました。否定しつつもレオンに惹かれる気持ちを止められないエフィと、エフィを子供扱いしながらも実のところ認めていて、最後にはついうっかりしてしまったレオンにニヤニヤでした(「慣れろ」がたまらんw)。
 正式な結婚をする2年半後の二人の様子が知りたいなあ。エフィ相手に余裕をなくすレオンの姿とかぜひ見てみたいものです。
Loading...
Comment













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://calatte.blog56.fc2.com/tb.php/211-c8a57470


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。