- `)。oO(少女小説読みの日記)

女子向けライトノベルの感想をだらだら綴ってます

2017 10  ||  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ||  2017 12

スポンサーサイト

   -------- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Loading...

2009年上半期ライトノベルサイト杯に投票します

   2009-07-31  Tag : ライトノベルサイト杯
 平和の温故知新@はてなさんの「2009年上半期ライトノベルサイト杯」に投票します。

 少女向けレーベル専門、しかも作品としてのデキよりのラブ優先な私が場違いなことは明らかですが、なんか唆された気がするので勇気を出して空気読まない人になってみるよ!
 どうせならとことん空気を読まず「少女系読むよ」という方が選びそうもない作品を混ぜてみました。

 企画の趣旨は「普段からライトノベルを読んでいる方々に、それぞれのお勧めを教えてもらう」ということですが、「人に勧める」ということを考慮した選び方ではなく、ただ自分の好きな作品を並べただけです。すみません。(人にお勧めできるほど「本読み」としての自信はないっす……
 ※画像はAmazonへのリンク、タイトルはFC2内へのリンク(他のユーザーさんの感想が見られるかも)、"感想"は私が書いた感想へのリンクとなっています。

 新規部門
鳥籠の王女と教育係―魔王の花嫁 (コバルト文庫)「鳥籠の王女と教育係」
著者 : 響野夏菜 : コバルト文庫 : 感想
離宮を出たら死、触れた異性はカエルになるという呪われた王女様と、呪い解除係兼教育係が繰り広げるファンタジー。
二人の攻防が楽しいです。カエルになって喜ぶ婚約者の鷹揚さ(?)もステキ。
ブランデージの魔法の城―魔王子さまの嫁取りの話 (コバルト文庫)「ブランデージの魔法の城 魔王子さまの嫁取りの話」
著者 : 橘香いくの : コバルト文庫 : 感想
息子を作ろうと思い立った超傲慢で非常識な魔王子(=魔術師兼勘当された王子)と、彼の目的のために誘拐されてしまった、頑固な女の子のラブコメファンタジー。
よい王道ラブです。オチのうまさにニヤリ。
ヴァンパイア執事―お嬢様と幸福の人形 (一迅社文庫アイリス)「ヴァンパイア執事」
著者 : 入皐 : 一迅社文庫アイリス : 感想
聖少女のお嬢様とヴァンパイアな執事の禁断のラブストーリー。
ヴァンパイア+執事+メガネ+禁断の関係+ミステリという強力な私ホイホイ。イロモノじゃないよ!吸血シーンは微エロですw
イリアディスの乙女―月の女神と白銀の婚約者 (コバルト文庫)「イリアディスの乙女」
著者 : 神埜明美 : コバルト文庫 : 感想
人と神様の距離が近いギリシア神話風の世界が舞台、青年神と巫女との恋愛ファンタジー。
キャラが恋愛脳ですがそんなことは気にしないのだ。甘くて切ないお話です。


 既存部門

ミリセントと薔薇の約束  休暇旅行は琥珀の調べ (角川ビーンズ文庫)
「ミリセントと薔薇の約束」
著者 : 月本ナシオ : 角川ビーンズ文庫 : 感想
サイコメトリー能力を活かし鑑定士をしている女の子のお話。
巻を追うごとに面白くなっています。ラブの進展が意外に早かったなあ(それもいい)。
アネットと秘密の指輪  お嬢様と花のワルツ (角川ビーンズ文庫)「アネットと秘密の指輪」
著者 : 雨川恵 : 角川ビーンズ文庫 : 感想
女伯爵となった下町育ちの少女のお話。
口のうまい美形弁護士も好きだけど、やっぱりクールなワケアリ執事派です(誰も聞いてない)。
雨の音符と虹のメロディ (一迅社文庫アイリス―聖鐘の乙女)「聖鐘の乙女」
著者:本宮ことは : 一迅社文庫アイリス : 感想
父の残した楽譜探しのため、男子音楽院に弟のふりをして入った女の子のお話。
主人公の天然たらしっぷりがすごい。嫌みのない逆ハーが楽しめます。逆ハー構成員は個性的かつ当然イケメン揃いです。
伯爵と妖精―魔都に誘われた新婚旅行(ハネムーン) (コバルト文庫)「伯爵と妖精」
著者 : 谷瑞恵 : コバルト文庫 : 感想
生真面目な妖精博士と口説き魔伯爵のお話。
祝・結婚。エドガー、よく耐えました!
結婚式編より新婚旅行編の方が面白かったです。
そして花嫁は恋を知る 緑の森を拓く姫 (コバルト文庫)「そして花嫁は恋を知る 緑の森を拓く姫」
著者 : 小田菜摘 : コバルト文庫 : 感想
政略結婚で嫁ぐお姫様が事件や陰謀に巻き込まれ、その中で恋を知るまでを描いた読み切りシリーズの4作目。
凛とした主人公とストイックな相手役がツボでした。
死神姫の再婚 -鏡の檻に棲む王- (B’s‐LOG文庫)「死神姫の再婚」
著者 : 小野上明夜 : ビーズログ文庫 : 感想
結婚式で新郎が急死してしまったことから「死神姫」と呼ばれる没落貴族の娘と、彼女を金で買い再婚相手となった成り上がり者の暴君(?)のお話。
牛歩ラブにニヤニヤが止まりません。


 投票コード
【09上期ラノベ投票/新規/9784086012799】
【09上期ラノベ投票/新規/9784086012997】
【09上期ラノベ投票/新規/9784758040846】
【09上期ラノベ投票/新規/9784086013024】
【09上期ラノベ投票/既存/9784044511111】
【09上期ラノベ投票/既存/9784044507121】
【09上期ラノベ投票/既存/9784758040648】
【09上期ラノベ投票/既存/9784086012843】
【09上期ラノベ投票/既存/9784086012904】
【09上期ラノベ投票/既存/9784757748880】
Loading...
Comment













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://calatte.blog56.fc2.com/tb.php/216-c31942e4


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。