- `)。oO(少女小説読みの日記)

女子向けライトノベルの感想をだらだら綴ってます

2017 07  ||  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ||  2017 09

スポンサーサイト

   -------- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Loading...

青木祐子「ヴィクトリアン・ローズ・テーラー 恋のドレスと追憶の糸」

   2009-08-01  Tag : 青木祐子コバルト文庫ヴィクトリアン・ローズ・テーラーあき
恋のドレスと追憶の糸 (コバルト文庫 あ 16-27 ヴィクトリアン・ローズ・テーラー)ヴィクトリアン・ローズ・テーラー 恋のドレスと追憶の糸
(
コバルト文庫)
(2009/08/31)
青木祐子
 穏やかな時が流れる「薔薇色」。そんなある日、パメラはシャーロックから「薔薇色」に関し、ある提案をされる。クリスのもとには姿を消していたユベールが現れ、再度クリスに逃げる意思があるかを問う。イヴリンが待っているをことを告げるクリスに、彼は最後の仕事――自分の後始末をつけてから迎えに行くという言葉を残し去っていく。一方、シャーロックはケネスに調べさせていた闇のドレスとクリスの過去についての調査結果を聞き……。
 シリーズ17作目。色々なことが一気に動き、明らかになり、急展開を見せた巻でした。何を書いてもネタバレになりそうです。気にする方は避けて下さい。

 いつか必ず問題になるだろうと思われた「正しさ」と「感情」との溝、それが最悪な形で表面化し、信じたくない結末になりました。
 作者さんがあとがきで今回の内容を「ビタースゥイート」と表現されているのですが、時系列でいくと、スイート、ビター、スイート?、ビターっ!!という感じ。甘さを味わってからのビター展開なので、苦さがより強烈でした。

 序盤はクリスに食べたいと言われてアイスクリーム製造機を3号まで作っちゃったシャーリーとか、アイスクリームを作って「さすが氷の男ね」などとパメラに言われるシャーリーとか、クリスとの信頼を深めるためにある検討をし、そんな自分に言い訳し途方に暮れてるシャーリーなどに大笑いできたのに……胸が痛いです。

 [とてもネタバレ:獄中死したはずのアイリスの目が開いたときはまじでびびった。ユベールの言う「闇のドレスの人たち」の別の目的とは何なんだろう……。]

 一体これからどうなってしまうのでしょうか。まったく想像がつきません。残された謎も気になるし、次が冬だなんてつらすぎますー。

::追記::
空夢ノートさんの考察&ツッコミタイムが素晴らしいです!必見!(自分の感想のいい加減さにちょっと凹んだですよ)
Loading...
感想、楽しく拝読しましたw
展開が急すぎていろいろびっくりしながら読んじゃいました。 次が冬なんて、長すぎます…。

>時系列でいくと、スイート、ビター、スイート?、ビターっ!!という感じ。
あぁ、上手いこと仰る!! まさにそうでしたよね。
シャーロックのツッコミどころ満載のラブっぷりに何度も大笑いしてたのに(笑)、
あのラストは…あまりのビターさに、こちらが動揺してしまいました。
幸せな未来を見たいです…。

TBさせて頂きました。
[ 2009/08/05 19:18 ] [ 編集 ]
 りるさんこんばんは!いつもこっそり拝見させていただいてます~。

 トラックバックありがとうございます!こんないい加減な感想で申し訳ない(汗)りるさんの深い考察に頭が下がる思いです。

 りるさんの感想を読ませていただいて、私はシャーリーに対して正当に評価していないことに気が付きました。そうですよね、彼は彼なりの精一杯でがんばっていて、今回は特にクリスとの未来を本気で考えていることが伝わってきましたよねー。

 エピローグ、私はてっきりお店を閉めたのかと思ってしまいました。なるほど、旅行ですか!ていうかジャレッドの言い方が紛らわしいんじゃー!!

 ツッコミタイムには笑わせていただきました~!
[ 2009/08/05 20:56 ] [ 編集 ]
Comment













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://calatte.blog56.fc2.com/tb.php/221-6ad96f2b

『恋のドレスと追憶の糸 ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』青木祐子 (挿画・あき)集英社コバルト文庫2009年8月10日 第1刷発行/¥495+税どうしてイヴリンはユベールでなくてはならないのだろう。まるで緩慢な自殺のようだ。 恋に溺れて、自分からすすんで堕ちてい...
[2009/08/05 19:05] 空夢ノート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。