- `)。oO(少女小説読みの日記)

女子向けライトノベルの感想をだらだら綴ってます

2017 07  ||  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ||  2017 09

スポンサーサイト

   -------- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Loading...

谷瑞恵「伯爵と妖精 月なき夜は鏡の国でつかまえて」

   2009-08-02  Tag : 谷瑞恵伯爵と妖精コバルト文庫高星麻子
伯爵と妖精 月なき夜は鏡の国でつかまえて (コバルト文庫 た 16-41)伯爵と妖精 月なき夜は鏡の国でつかまえて
(
コバルト文庫)
(2009/07/31)
谷瑞恵

 妖精国の地図の謎を解くために動くリディアとエドガーの新婚生活はすれ違いの連続。そんなある日、リディアのもとに墓守妖精が現れ、落し物だと言い金色の石・ジルコンを置いていく。それは妖精国の地図が収められたペンダントの装飾に使われたものと同じ石だとわかり、リディアは手掛かりを求めて妖精を追う。一方エドガーは、青騎士伯爵家と懇意にしていた貴族を調べるうち、伯爵の庶子が描いたといわれる絵の存在を知る。その絵を入手すべく幽霊屋敷で開かれるオークションに参加することになるが。
 シリーズ20巻目。てっきり前作でリディアとエドガーの仲は落ち着いて、これからはお話がぐいぐい進んでいくのかと思っていたんですが、見通しは甘かった模様です。相変わらず「すれ違い・喧嘩→事件→仲直り」というパターンをしっかり踏襲している二人なのでした。

 今まではラブの行方ばかりに気を取られてそれ程意識しなかったのですが、そちらに区切りがついてしまうと、さすがに本筋の進みの遅さが気になりますねー。[ネタバレ:今回はせめて地図の内容ぐらいは明らかになって欲しかったなあ。]
 そんな感じでちょっと不満はあるものの、キャラクターたちのやりとりは楽しいし、ゲストキャラのエピソードも十分面白く読めました。

 今回リディア、ロタ、レイヴン、エドガーが鏡の中の世界に意識が入ってしまい、残された本体が勝手に感情のまま行動するようになってしまうんですが、そのカオスっぷりがおかしかったです(それ自体の描写はありませんでしたが、あとでエドガーの悪行が明らかにw)。
 ここ最近のレイヴンはすっかりお笑い担当ですねえ。当人にそんな意図はないものの、随所に笑いのネタを提供してくれていました。ニコとのズレた友情もたまりません。
 ズレているといえばロタとポールの関係も。ズレてるんだけど合っているというか、なんとも形容しにくい二人の様子にニヤニヤでした。

 次巻はもっとお話が進むといいな。フランシスが再登場しそうなので楽しみです。
Loading...
こんにちは。 
私も送ればせながらこのシリーズに手を出してしまったんですが(既刊多いのに・笑)、
一気に読んできたせいか、この巻の進みの遅さがちょっと気になりました。
ネタバレ反転の部分、仰るとおりだなーって。
でも、相変わらずキャラクター達が面白くって(伯爵屋敷のメンバーは、もはや癒しです!!)
楽しく読むことが出来ました。

>それ自体の描写はありませんでしたが、あとでエドガーの悪行が明らかにw

やっぱり描写なかったですよね!? 一生懸命悪行部分を探してしまいました・・・いや、そこが読みたかった気が…(笑)。
[ 2009/09/30 19:05 ] [ 編集 ]
りるさんこんばんは!コメント&トラバいつもありがとうございます!(こんなお粗末さまでスミマセン……)

伯妖、いつのまにか読まれていたんですねー!感想を拝見して、あの19冊をうまーく簡潔にまとめられているのに脱帽致しましたです~。

>この巻の進みの遅さがちょっと気になりました。
そう、そうなんですよねー。短編か中編的エピソードを引き延ばしたような……とか思ってしまいました。人気作なので編集サイドから引き延ばし指令でも出てるのかなと邪推したりして。

>・・・いや、そこが読みたかった気が…(笑)。
(/ω\)キャー りるさんのえっち!!(笑)とかいって、私もヤツがどうやってリディアの足にちゅうしたのか読みたかったですー!
[ 2009/09/30 22:34 ] [ 編集 ]
Comment













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://calatte.blog56.fc2.com/tb.php/223-ed4b2bee

『伯爵と妖精 月なき夜は鏡の国でつかまえて』谷瑞恵集英社コバルト文庫2009年8月10日第1刷発行/¥533+税「きみを失いたくないから、冷静でいられなくなる。 でもそのせいで、ひどいことをしてしまったよね」少しずつ距離を縮めて、やっと結ばれたのに、昨日の彼は、積...
[2009/09/30 19:01] 空夢ノート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。