- `)。oO(少女小説読みの日記)

女子向けライトノベルの感想をだらだら綴ってます

2017 08  ||  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ||  2017 10

スポンサーサイト

   -------- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Loading...

剛しいら「金の王と銀の許婚 神の眠る国の物語」

   2009-08-15  Tag : 剛しいらビーズログ文庫神の眠る国の物語佐倉汐
金の王と銀の許婚 -神の眠る国の物語- (B’s‐LOG文庫)金の王と銀の許婚 -神の眠る国の物語-
(B’s‐LOG文庫)

(2009/08/12)
剛しいら
 復興の中にあるウラル国は財政状況が思わしくなく、このままではアレン王とパール姫の婚姻式も行えない状態。ならばいっそと、パールの幼さも考慮し式の一年延長を決定する。そんな中、諸国見聞の旅をする大国・中都ザルセン国の皇太子ザハードがウラルを訪問し、パールに一目惚れ。アレンとの婚約を解消するよう迫るなど、わがまま王子の数々の無礼に堪忍袋の緒が切れたアレンは、ゴシュラムで開かれる武術大会で彼との勝負をつけることにするが……。
 神の眠る国シリーズ、アレン編の2巻目です。
 いい感じになってきたツンツンカップル・アレンとパールの間に、他国の皇太子・ザハードというお邪魔虫が入り、アレンとザハ-ドがパールと国の命運をかけた戦いへ、という展開。[ネタバレ:そしてこの一件でさらにアレンとパールの仲が深まるというわけです。]
 蛇足なのでは?と思ったりしましたが、心配無用、いつも通りの安定した面白さでした。

 他者の価値観が理解できないザハードには超イライラ。しかしながら、今回のお話は彼の成長物語でもあり、結局のところ身をもって思い知ることになったので胸がすきました。[ネタバレ:ウラル神にも会ったし]彼は将来きっといい王になるんだろうなと思います。
 成長といえばパールもですね。養護院の子供たちやザハード、そしてウラル神との出会いから、人を思い遣れるようになり、王妃としての自覚も得ていくのがよかったです。

 途中から舞台がゴシュラムに移りシーナ編のキャラたちが勢揃い。彼らのその後が見られてうれしかったです。シーナとゴート王の相変わらずのラブラブぶりや、喜ばしい知らせに顔がにやけてしまいました。

 あとがきを読むとどうやらまだ続きがある模様(婚姻式までやるのかな?)。個人的には主役カップルを見守る立場の二人、ミトリとガーネットの淡い想いの行方が気になるところです。
Loading...
Comment













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://calatte.blog56.fc2.com/tb.php/232-f2caa47b


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。