- `)。oO(少女小説読みの日記)

女子向けライトノベルの感想をだらだら綴ってます

2017 09  ||  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ||  2017 11

スポンサーサイト

   -------- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Loading...

高殿円「わが王に告ぐ エヴァリオットの剣」

   2008-10-03  Tag : 高殿円ビーンズ文庫椋本夏夜
わが王に告ぐ エヴァリオットの剣 (角川ビーンズ文庫)わが王に告ぐ エヴァリオットの剣
(角川
ビーンズ文庫)
(2001/09)
高殿円
 パルメニア国王・アルフォンスの妃になる日を待ち望んでいたアンナマリア。ところが、王は別の誰かを伴侶に選んだらしい。納得いかない彼女は、王が選んだ人物を確かめるべく王宮へ出仕するが、そこで見たものとは……!?
 「マグダミリア」の後日談で2年後が舞台となっています。まるで読者サービスのような内容で大変楽しく読めました。
 お話はアルフォンスに恋するアンナマリアの視点で描かれます。思い込みが激しくて暴走気味、でも機転がきいて繊細なところもあるアンナマリアがとてもかわいかったです。
 最後の数行で語られる彼女の幸せな未来に、思わず頬がゆるんでしまいました。
Loading...
Theme: 角川ビーンズ文庫  Genre: 本・雑誌
Comment













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://calatte.blog56.fc2.com/tb.php/233-5f28bb90


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。