- `)。oO(少女小説読みの日記)

女子向けライトノベルの感想をだらだら綴ってます

2017 05  ||  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ||  2017 07

スポンサーサイト

   -------- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Loading...

壁井ユカコ「キーリ 死者たちは荒野に眠る」

   2008-10-18  Tag : 壁井ユカコ電撃文庫田上俊介
キーリ―死者たちは荒野に眠る (電撃文庫)キーリ 死者たちは荒野に眠る
(
電撃文庫)
(2003/02)
壁井ユカコ
 教会の寄宿学校に通う少女・キーリ。霊を見てしまう体質の彼女はある日、駅で「不死人」の青年ハーヴェイと小型ラジオに憑依した霊「兵長」と出会う。自分と同じように霊が見えるハーヴェイに興味を抱いたキーリは、彼らの旅に同行を決め……。
 第9回電撃ゲーム小説大賞受賞作。「まわりくどい性格の少女とめんどくさい性格の男がくっついたり離れたりする話」(あとがきより)。
 舞台となるのは繁栄のピークを過ぎたさびれた世界。灰色の印象を受けるすさんだ雰囲気が、退廃好きにはたまらなくロマンです。

 物語の体裁が連作短編集のようになっており、前半はキーリの体質絡みのこじんまりとしたちょっと切ない系のお話、後半はハーヴェイの事情によってスケールの大きいドキドキハラハラ展開に。

 キーリとハーヴェイの交流がとてもとてもツボでした。そっけないやりとりばかりの中から、しだいにお互いの存在が大切なものとなっていくのがもうすごくいいです。

 普段はまったく読まない少年系レーベルですが、これは個人的に当たり。続きも読んでいきたいです。
Loading...
Theme: ライトノベル  Genre: 本・雑誌
突然お邪魔してすいません!!
ただ、「ライトノベル」のコーナーで「キーリ」を見つけたので……。
私もキーリ、よみました!
すごいおもしろいですよね。
とにかく私はハーヴェイに恋してしまいました。
ちょっとエグイ表現もありますが、キーリの最終巻を読み終えてしまったときには、すごくすごく寂しかったです。
私が一番最初に読んだライトノベルです。ほんと。

突然のコメントごめんなさい。
私も本を読むのがだいすきで、毎日色んな本を読んでいます。
私も最近ブログに本のことを載せ始めたので、よかったら遊びに来てください。
失礼しました。
[ 2009/08/19 16:52 ] [ 編集 ]
shuna.syunaさん、こんばんは。コメントありがとうございますー。「キーリ」、いい作品ですよね~。
私もハーヴェイ大好きです。ぶっきらぼうな優しさにきゅんきゅんしましたねえ。最終巻は涙なしに読めませんでしたよー。

>私が一番最初に読んだライトノベルです
おお、そうなんですか!お若いなあ……!(ブログ拝見しました。中学生でいらっしゃるんですね。あまりの年の差に目眩がー)
私が一番はじめに読んだラノベはコバルトの古ーい作品だと思いますが、その頃はまだ「ライトノベル」という言葉が存在しない時代でした(汗)

ブログの更新がんばってください(私は恩田陸さんなら「麦の海に沈む果実」、宮部みゆきさんは「クロス・ファイア」が好きですー)。時々拝見させていただきますね!
[ 2009/08/19 19:42 ] [ 編集 ]
Comment













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://calatte.blog56.fc2.com/tb.php/238-41ecbd8b


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。