- `)。oO(少女小説読みの日記)

女子向けライトノベルの感想をだらだら綴ってます

2017 08  ||  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ||  2017 10

スポンサーサイト

   -------- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Loading...

萩原麻里「そらのこども」

   2008-10-22  Tag : 萩原麻里ヒヨコ舎岩崎美奈子
そらのこどもそらのこども
(2004/11)
萩原麻里
 オラクシャーン大陸には、雲を操ることで人々を守り助ける「霧練り」という職人がいる。両親を亡くし辺境で叔父と暮らしていたジルは、ある霧練りと出会い才能を見出される。彼の薦めで霧練りを目指す子供たちが集う全寮制の学校へ入学することになるジルだったが……。
 講談社文庫やビーズログ文庫で執筆されている萩原麻里さんによる児童書。異世界ファンタジーで、寄宿舎もの。少年たちの友情と冒険の物語です。
 舞台設定や霧練りという能力が一風変っていて魅力的でした。女の子は出てこない、恋愛要素はまったくないという私にとってはアレなはずお話なのですが、十分面白かったです。

 主要キャラは、伝説とも言える霧練りに推薦されて学校にきたことで、有名人となってしまった主人公ジル(性格は素直でまっすぐ、少々天然、時に無鉄砲)、いじめられっ子のミッジ、寮長でしっかり者のタガネ、優秀だけど冷たいマウリ。
 彼らが問題や困難にぶつかり、悩みながらもをどう乗り越えていくのかとわくわくしながら楽しめました。
Loading...
Theme: 児童書  Genre: 本・雑誌
Comment













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://calatte.blog56.fc2.com/tb.php/241-9685b7d8


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。