- `)。oO(少女小説読みの日記)

女子向けライトノベルの感想をだらだら綴ってます

2017 07  ||  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ||  2017 09

スポンサーサイト

   -------- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Loading...

小柴叶「蒼穹に雪桜舞う! 新米修祓師退魔録」

   2009-10-23  Tag : 小柴叶ビーズログ文庫石川沙絵
蒼穹に雪桜舞う! ~新米修祓師退魔録~ (B’s‐LOG文庫)蒼穹に雪桜舞う!
新米修祓師退魔録

・ 著者:小柴叶
・ B’s‐LOG文庫
・ 2009/10/15
 人を襲い魂を喰らう化け物・荒御霊を浄化する専門職・修祓師。その養成所である神泉堂で学ぶ少女・恵那は、通常なら見習い登録時に手にするはずの退魔具が9年もの間見つからず焦燥にかられていた。そんな中で迎えた16歳の誕生日、ふと聞こえた声に導かれ目にしたものは深々と太刀が刺さった桜の木。このせいで呼ばれたのだと思った恵那が太刀を抜くと、そこからうろが出現、中には錫杖を腕に抱え眠る白髪の美丈夫が。目覚めた彼は、国守りの神だと名乗り、恵那を下僕にすると宣言して!?
 えんため大賞作家さんの新シリーズ。戦国時代風の架空の国を舞台にした退魔系ファンタジー。修祓師見習いの元気少女・恵那と、彼女を下僕にした傲岸不遜な神様・扶人によるお話です。

 自己中な扶人に反発を覚えていた恵那が、日々の出来事・事件によって次第に彼を信頼し、ちょっと惹かれていく、といった感じの展開。また、その中で恵那は修祓師(見習い)としても成長してしていきます。
 ストーリー的にはベタで、個人的にはキャラ萌えラブ萌え(ネタバレ:転生ネタというおいしい要素もあったのですが)両者とも不発に終わり、とても普通というかなんというか。
 これは私の読み方が下手なせいだと思いますが、恵那の心理描写と言動がちぐはぐに見えてしまったのも敗因ですねー。

 神泉堂の賑やかな雰囲気、凝ったバトル描写などはよいなあと思います。
Loading...
Comment













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://calatte.blog56.fc2.com/tb.php/295-1720aa24


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。