- `)。oO(少女小説読みの日記)

女子向けライトノベルの感想をだらだら綴ってます

2017 09  ||  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ||  2017 11

スポンサーサイト

   -------- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Loading...

ながと帰葉「政宗様のお気に召すまま 花嫁御寮は求婚中」

   2009-10-29  Tag : ながと帰葉コバルト文庫くまの柚子
政宗様のお気に召すまま 花嫁御寮は求婚中 (コバルト文庫 な 13-7)政宗様のお気に召すまま
花嫁御寮は求婚中

・ ながと帰葉
・ コバルト文庫
・ 2009/10/30
 天正7年暮れ。小大名・田村氏の一人娘・愛姫は、11歳で2歳年上の伊達家嫡男・政宗に輿入れする。ところが婚礼の最中に政宗を狙った毒殺未遂事件が発生、疑われた愛姫の侍女らは処刑され、愛姫自身も実家へと戻されてしまう。それから3年。潔白を証明した上で迎えに行くと約束してくれた政宗を信じ続ける愛姫だったが、迎えは一向に来ず、ある日父から新たな縁談がまとまったことを知らされる。承服できない愛姫は侍女の由良とともに城を飛び出し、政宗のもとへ押しかけるが……!?
 ながと帰葉さんの新作は戦国時代を舞台にしたラブコメディ(not歴史モノ)。伊達政宗に押しかけ女房することになった愛姫のお話です。
 ラブコメに違いないとは思うのですが、笑いあり・切なさありといった感じで個人的にはタイトルから連想するほどコメディ色は強くない印象。
 作者さんの前シリーズはちょっと合わなかったのですが、今作は大変好みで面白かったです。以前とは別人のように愛姫を冷たくあしらう政宗の事情が気になり、引き込まれました。

 なんといってもよかったのは主人公・愛姫のキャラクター。常に明るく素直で一生懸命、そして"螺子が5、6本抜けたような"天然姫(※政宗談。5、6本ってw多いなww)で、とてもかわいいのです。実はただ者ではないところもすごくいいw(←後半に判明)
 迎えを待つ間、政宗にふさわしくなるためにと色々な予行練習をし、政宗のもとへ押しかけてからは、冷たくされても無視されても、ちっともめげずにかいがいしくお世話する姿が本当にかわいくて。

 そんな愛姫と微妙にツンデレな政宗とのやり取りはニヤニヤものでした。愛姫がその天然ぶりでとんでもないことをしようとして政宗をどっきりさせたりとか、愛姫につれない態度を取りつつも、彼女の身を案じ取り乱したりする政宗にうふっとなりましたです。[ネタバレ:心が通じ合ってからの愛姫のお願い(=腕枕)には超ごろごろしましたー]

 お話は綺麗に終わっているのですが、その後の愛姫&政宗を知りたいし、もっと掘り下げて欲しかったキャラがいたりするので(愛姫のワケあり侍女・由良など、これで終わりだと非常に勿体ない……!)、シリーズ化するといいなあと思います。今回は歴史的な面は殆どお話に絡んできませんでしたが、続きがあるとしたらそういったものを含めた展開も見せてくれるとうれしいです。
Loading...
Comment













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://calatte.blog56.fc2.com/tb.php/299-8ba37cf0


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。