- `)。oO(少女小説読みの日記)

女子向けライトノベルの感想をだらだら綴ってます

2017 03  ||  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ||  2017 05

スポンサーサイト

   -------- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Loading...

雨川恵「アネットと秘密の指輪 お嬢様とはじまりの涙」

   2009-11-05  Tag : 雨川恵ビーンズ文庫アネットと秘密の指輪風都ノリ
アネットと秘密の指輪  お嬢様とはじまりの涙 (角川ビーンズ文庫)アネットと秘密の指輪
お嬢様とはじまりの涙

・ 雨川恵
・ 角川ビーンズ文庫
・ 2009/11/02
 「ロンドン塔にいる旧王家の王子」の真相を確め、アネットが屋敷に戻ると執事・リチャードの姿が消えていた。関係ないと言われたにも拘わらず彼の事情に踏み込んでしまった自分を嫌い、出て行ってしまったのだろうと落ち込むアネット。そんな中、気が乗らないまま参加した仮面舞踏会で「継承の指輪」を狙う者たちに襲われて……!?
 女伯爵となった下町出身の少女・アネットと秘密を抱えた執事・リチャードのお話、5巻目です。
 旧王家再興を狙う者たちの誘いを受たリチャードの真意は?そしてそれを知らず、自分を嫌って出て行ってしまったのだと落ち込むアネットは!?……というわけで、わりと硬くて重い展開なのですが最後がとにかく良くて救われました。いやー、ホント、5巻目にしてやっと……!!ですね!
 
 私としては「リチャードいない→アネット憤慨→すぐに彼を捜し始める」という流れを想像していたので、長くアネットが落ち込んでいたのはちょっと意外でした。自分を責め、何事につけリチャードを思いだすアネットの姿は見ていてとても可哀そうで、もどかしかったです。
 しかし指輪を狙った襲撃を受けたことからある可能性に思い至り、そこからリチャードを幸せにするんだと立ち直ってからは強かった!今までだったら我慢できなかったであろう場面をぐっとこらえ、その上、嫌な思いをさせられた人物の心を思いやって。がんばりましたね。 

 一方のリチャード。今回は彼の内面がしっかり描かれていました。[ネタバレ:自らの存在を消すことで全てを終わらせるという]悲壮な決意を抱き、そうせずにはいられなかった彼がとても切なかったです。
 そんな彼がクライマックスで[ネタバレ:何一つ思い残すことはないと思った瞬間、]脳裏をよぎったものがアネットだったことに、そんな状況じゃない!と思いつつもすごく嬉しくてうるっとしてしまいました。そして最後の場面にはきゃー!!!とw 自分の心に湧きあがるものがうまく整理できないまま、体が動いてしまったリチャードに、もう転がされましたです。

 そのほか、アネットの無茶な依頼に友人として応えてくれたユージン、ツンツンしながらもアネットを案じてくれたシャーリー。この兄妹とアネットとの友情・信頼関係は素敵でした。
 また、明らかになった指輪の真実とそこに込められた想いには考えさせられるものが。

 今回、問題が残されたまま終わってしまったのですが、そのケリはどうつけるんですかね。次の巻以降、それらをメインに取り上げていくのか、ささっと解決して新展開なのか。いずれにせよ、転機を迎えたアネットとリチャードのこれからが楽しみです。早く続きが読めるといいなあ。
Loading...
Theme: 角川ビーンズ文庫  Genre: 本・雑誌
コメント出来ずにいましたが、更新日に読ませて頂いてましたw
今回の感想も素敵ですー。
いつも「そう、そうなのよ!!」と思いながら読んでたりします(本当)。

それにしても、リチャードにはやられましたよね…!!(笑)
彼の苦悩と悲しい決意に泣きそうになり、
最後のアネットとのシーンでも別の意味で泣きそうになり…よかったです、すごく。

敵さんが、意外とあっさり王の擁立をあきらめた気がしますが、
まだまだ波乱もありそうなので、私も早く続きが読みたいですw
[ 2009/11/14 21:10 ] [ 編集 ]
りるさん、いつもお世話になってますー!

過分なお言葉をありがとうございますうう恐縮です!!(平伏)
私こそ、りるさんの感想にはいつも新しい発見があって、さすがだーと拝見してます(正座)。
リチャードの腕についての表現とか、うまいなあ!と膝ぽんしてしまいましたです。目のつけどころ、それに対する考察が素晴らしいと思います。

リチャードとアネット、これからどんなやり取りを繰り広げてくれるんですかね!?(表面的には相変わらずかなあ)早くリチャードのデレでいっぱいごろごろしたいですね~!
[ 2009/11/15 01:50 ] [ 編集 ]
Comment













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://calatte.blog56.fc2.com/tb.php/306-5bb54177


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。