- `)。oO(少女小説読みの日記)

女子向けライトノベルの感想をだらだら綴ってます

2017 07  ||  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ||  2017 09

スポンサーサイト

   -------- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Loading...

倉世春「白薔薇と吸血鬼」

   2009-03-08  Tag : 倉世春コバルト文庫蘭蒼史
白薔薇と吸血鬼 (コバルト文庫)白薔薇と吸血鬼 (コバルト文庫)
(2009/03/03)
倉世 春

商品詳細を見る

 吸血鬼といわれる女伯爵フロリアンに仕えるマイアは、主人の依頼で若く美しい男を探していた。そこに現れたのは公子カディス。彼は合理的な理由から吸血鬼を娶りたいと考えていて…。
 序盤は妖しく謎めいたフロリアンと何か事情を抱えていそうなマイアの様子に引き込まれたのですが…うーん、吸血鬼ものとしての萌え度は低い気が。
 ていうか、倉世さんだからもっとエロスな話(wかと思ってましたよ。あとがきで書かれている通りB級ホラーな感じで、雰囲気のあるゴシックホラーを期待するとちょっとアレ……?かも。
 超合理主義者カディスの空気読まない最強ぶりは楽しかったです。
Loading...
Comment













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://calatte.blog56.fc2.com/tb.php/33-e7b05c68


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。