- `)。oO(少女小説読みの日記)

女子向けライトノベルの感想をだらだら綴ってます

2017 07  ||  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ||  2017 09

スポンサーサイト

   -------- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Loading...

映画「2012」をみてきたよ

   2009-12-13 
 映画「2012」をみてきました。一緒に行った人は「なくもんか」という作品をみたかったそうのなのですが、時間が合わず結局コレになったというわけでして。以下ふまじめな感想です。

2009年。太陽の活動が活発化し、地球の核が熱せられた結果、3年後に世界は終わりを迎える―。この驚愕の事実をいち早く察知した地質学者エイドリアンは、すぐに米大統領 主席補佐官に報告。やがて世界各国の首脳と一握りの富裕層にのみ事実が知らされ、人類を存続させる一大プロジェクトが極秘に開始される。そして2012年。売れない作家のジャクソンは、子供たちとキャンプにやってきたイエローストーン国立公園で、政府の奇妙な動きを目撃。世界に滅亡が迫っていることを、偶然知ってしまう…。(goo映画作品解説より引用)

 あっちの作品でよく見かける(気がする)人類滅亡が迫った中、それに対処する人々と、その家族との絆を描くみたいな感じのお話。むかーしみた「アルマゲドン」や「インデペンデンス・デイ」を思い出すなあと思っていたら「インデペンデンス・デイ」とは監督さんが同じ人なんですね。
 まあ、なんというか、ツッコミどころ満載なわけですが(奥さんの恋人とか……あうう)、映像の迫力はすごいですね!どわーって、建物や地面が崩れていくの。間一髪感がぱねえっす。主役のおっさんがぎゃーって走る後ろがどんどん崩れていくとか、どうせ助かるんだろと思いながらもドキドキハラハラめっちゃ力入ってみてしまいました。
 そいうわけで結論:疲労困憊。
Loading...
Comment













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://calatte.blog56.fc2.com/tb.php/332-15ec0b99


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。