- `)。oO(少女小説読みの日記)

女子向けライトノベルの感想をだらだら綴ってます

2017 09  ||  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ||  2017 11

スポンサーサイト

   -------- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Loading...

コミックマーケット77 2日目に行ってきたよ

   2009-12-30 
 本日は「コミックマーケット77」に行って参りました。長年ヲタ街道を突っ走ってきたワタクシですが、なんと(?)初のコミケです。
 地元駅を8時すぎに出発、赤羽でりんかい線直通の埼京線に乗り換えて国際展示場駅へ。赤羽乗車時は混みあっておらず目的地まで座って行くことができました。
 9時半すぎ国際展示場駅に到着。予想はしていたものの、人がゴミ状態。入場するための最後尾は一体どこなんだ!?という感じ。ひとまず捜すのを諦め、近場のカフェに入って一息つくことに。
 10時、「開場~!」という声に拍手がおこるのを横目で見つつ、スタッフさんの手を煩わせながら入場待機列最後尾へ。ここで10時10分(ひと駅ぶんぐらい歩いた気がする)。
 そこからゆるく整列しながら移動し、だいたい11時に入場となりました。結局のところ入るまでに1時間近く並んだわけですが、わりとすいすい動くのであまりストレスは感じず、同行者とおしゃべりしたり、個性的なお洋服の方に目を奪われたりして楽しく待ってられましたです。

 まず、目的の多い西地区へ。地図の見方がわかんねえ……と思いつつ人の流れに押されるように歩いていたら、見覚えのあるポスターが。「ラ管連」さんだ!ということで新刊を1冊購入。これ、すごい完成度高いですね。まじ電撃文庫みたいです。
 地図の見方が判明したので、次にときどき拝見している「今日もだらだら読書日記」のうららさんのところで1冊購入させていただく。イラスト入りのチロルチョコ、ありがとうございます。どうしよう、食べるのもったいない!
 次はファンの猫写真家「あかねこてい」さんで写真集を2冊、お隣の猫首輪・雑貨の「StrawberryCure」さんでフリル首輪(Lサイズ)を購入(うちの猫さまへの迷惑なお土産)。
 次に高殿円さんの「悪趣味な美学」であるもの全部をかっさらい、サイン入りの韓国語版漫画「銃姫」をおまけに頂く(なんて豪華なおまけなんだ。読めないけどw)。そして隣の須賀しのぶさんのAASTで新刊を購入。須賀さんが普通にいてドキドキした!
 それから「伯爵と妖精」を書かれている2サークルさんで1冊ずつ、「身代り伯爵」のサークルさんで1冊購入。
 西地区最後は剛しいらさんのところへ。既刊の「銀の悪魔/金の姫」を買う。

 ここで12時。同行者(※非ヲタ)の希望で「コスプレ広場」へ。なんのコスプレかわからないのも多かったですが、写真をばしばし撮らせてもらいました。しかし男性の女装多いな!!

 コスプレを堪能した後、東地区へ。簡単に考えていたら、西から東へ行くのが結構大変。中に入ったり外に出たりを繰り返してやっと辿りつく(近道もあったのだろうか)。
 なんか西に比べて人口密度が…!男率が…!と、戸惑いつつも、西では並んでた女子トイレが行列なしだったのですかさず入っておきました。
 そしていつもお世話になっているハシモさんの「ポニテケ族」へ。次々来られる男性たちの隙を狙って突入。……な、なんて可憐な人なんだ!この方が(自主規制)本を書いているとか、世の中何か間違っているんじゃにゃいかと、頭ぐるぐる状態でなんとかご挨拶。あわあわしつつも嫌がるハシモさんから新刊を奪い取るのに成功。(お世話になっているのに差し入れもなにもせずに気がきかなくてすみませんでした。お会いできて嬉しかったです!)

 1時半。ハシモさんにお会いし浮かれすぎて若木未生さんのスペースに寄るのを忘れたまま帰途へ(バカすぎる)。早めの帰宅ーと思ったのですが、帰りの電車はなかなかの混み具合でした(通勤ラッシュほどではないけど)。

 色々なサークルさんをまわれて、作家さんにもお会いできてとても楽しい1日を過ごすことができました。また行きたいものです(……けど休みなかなか取れないんだよなー。本当は今日まで仕事だったのだ)。

戦利品のかずかず。
CIMG0650.jpg

高殿さんのおまけ
CIMG0643.jpg
Loading...
Comment













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://calatte.blog56.fc2.com/tb.php/346-38aa68bf


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。