- `)。oO(少女小説読みの日記)

女子向けライトノベルの感想をだらだら綴ってます

2017 09  ||  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ||  2017 11

スポンサーサイト

   -------- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Loading...

月本ナシオ「ミリセントと薔薇の約束 誓いの言葉は時を越えて」

   2010-01-04  Tag : 月本ナシオビーンズ文庫ミリセントと薔薇の約束椋本夏夜
ミリセントと薔薇の約束    誓いの言葉は時を越えて (角川ビーンズ文庫)ミリセントと薔薇の約束
誓いの言葉は時を越えて

・ 著者:月本ナシオ
・ 角川ビーンズ文庫
・ 2010/01/01
 秘密結社「大暗室」に捕えられラズウィックまで運ばれたミリセントは、アンセル、ティーハニーの正体、そしてローズグレイブホールに隠された秘密を知ることに。ある理由から大暗室側についたアンセルによって母の形見であるペンダントと薔薇封じを奪われてしまうが、アンセルを信じ、彼が結社に利用されるのを阻止すべくティーハニーの助けを借りて屋敷を飛び出すミリセントだったが……。
 触れた物の過去が見える力を持つ鑑定士ミリセントのお話、シリーズ5巻目、完結編です。
 恐らく大人の事情による完結なんだろうなあという駆け足ぶりですが、今までの流れから出来得る限りのハッピーエンドに持って行ってくれて、個人的には満足な気持ちで本を閉じることができました。
 (ネタバレ:雲行きからアンセルは昇天エンドだろうなーと思っていたので、このラストはうれしい誤算でした。アスワドも!

 対大暗室後の部分がとてもよかったなあと思います。ミリセントにめっちゃずばりと例の鑑定結果(ネタバレ:さらにプロポーズの言葉も)を伝えるグレンと、その言葉にあわあわしつつもしっかり返事しているミリセントにニヤニヤし、その後の思いがけない再会と記憶の復活に涙が溢れました。

 ミリセントの傍にありたいと願ったアンセル、アンセルを慕うティーハニー、運命を断ち切ろうとしたトリシアとエリス、そのほか王様やリーアン王子、ミリセントの保護者・ディンセル侯爵夫妻、グレンの義兄・ジーン、ローズグレイブホールの幽霊たち……と、登場人物たちの優しい想いが心に沁みる物語だったなあとしみじみ。

 作者さんの次回作も楽しみにしています。
Loading...
Theme: 角川ビーンズ文庫  Genre: 本・雑誌
Comment













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://calatte.blog56.fc2.com/tb.php/351-50d60571


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。