- `)。oO(少女小説読みの日記)

女子向けライトノベルの感想をだらだら綴ってます

2017 04  ||  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ||  2017 06

スポンサーサイト

   -------- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Loading...

購入本

   2010-04-24 
  • 横柄巫女と宰相陛下 肖像のない王女 (ルルル文庫)/鮎川 はぎの感想
  • 伯爵と妖精 愛しき人へ十二夜の祈りを (コバルト文庫) /谷瑞恵感想
  • 聖石の使徒 狩人の覚悟 (コバルト文庫)/前田珠子感想
  • そして花嫁は恋を知る 青の大河をのぼる姫 (コバルト文庫) /小田菜摘感想
  • 乙女・コレクション 怪盗レディ・キャンディと約束のブーケ (コバルト文庫)/かたやま和華感想
  • 魔王は甘くささやく 死がふたりを分かつとも (コバルト文庫)/瀬川貴次感想
  • アルカサルの恋物語 さまよえる求婚と新たな妃 (コバルト文庫)/ひずき優感想
  • 橘屋本店閻魔帳 花ムコ候補のご来店! (コバルト文庫)/高山ちあき感想

     「横柄巫女」は6か月連続刊行の第二弾。最後のイラストにどええええええ!!!っとなる。なにがどうなってそうなったんでしょう!?
     「伯爵と妖精」は短編集。本誌掲載の短編6作(エドガー少年時代3編、結婚後のお話3編)と書き下ろしの表題作を収録。
     「聖石の使徒」は番外編「狩人の爪」の続編で、なんとさらに「続く」なんですってよ、奥さん。そして作者さんのデビュー作が同時収録されています(非シリーズもの)。
     「そして花嫁は~」は4&5巻、6巻目のヒロイン、エリスセレナとアンナマリアの妹が主人公、6巻目のあて馬役だったレトムゥールがヒーローとのこと。
     サブタイトルからもしかして終わり?!と思ったレディ・キャンディはまだ続くようです。帯には「祝・婚約」とありますが、本当だろうか…
     「アルカサル~」の帯には"少年王がした、最悪のプロポーズ"との一文が。どんなプロポーズなんでしょう。わくわくです。
     ちなみに乙女ちっく通信の細かいデザインが変わってましたです。
    Loading...
    Theme: この本買いました  Genre: 本・雑誌
  • Comment













    管理者にだけ表示を許可する
    この記事のトラックバックURL
    http://calatte.blog56.fc2.com/tb.php/432-adeeab44


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。