- `)。oO(少女小説読みの日記)

女子向けライトノベルの感想をだらだら綴ってます

2017 10  ||  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ||  2017 12

スポンサーサイト

   -------- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Loading...

ひずき優「アルカサルの恋物語 さまよえる求婚と新たな妃」

   2010-04-30  Tag : ひずき優コバルト文庫アルカサルの恋物語風都ノリ
アルカサルの恋物語 さまよえる求婚と新たな妃 (コバルト文庫) (アルカサルの恋物語シリーズ)アルカサルの恋物語
さまよえる求婚と新たな妃

・ 著者:ひずき優
・ コバルト文庫
・ 2010/04/27
 「客人」としてガルナダの後宮に滞在するフェリシア。ある夜、後宮の主である少年王・カシムから求婚されるが、直後、別の妃も迎えようとしてることが発覚し、憤慨したフェリシアは宮殿を飛び出してしまう。しかし、街で偶然再会した元婚約者・エルベルトから、「祝祭」に乗じカシムの命を狙う者がいることを聞きひそかにカシムの腹心・ルシュドとはかり、陰謀を阻止するため女官に化けて王宮に潜入することになるが……。
 アラビアンな王宮を舞台にした恋愛経験値ゼロな俺様少年王・カシムと、山岳民族出身のはねっかえりな女の子・フェリシアによるラブコメシリーズ、第二弾。
 カシムに求婚されたフェリシアだったが、別の妃も迎えることがわかり大喧嘩、王宮を飛び出す。しかし町でカシム暗殺計画を聞き、犯人捕まえるべく変装して王宮へ戻ることにーという感じ。
 政治・陰謀関係があくまでもラブの調味料という感じなので、歯ごたえのあるモノを好まれる方は物足りないかもですが、個人的には主役カップルの様子が楽しくて満足できました。

 不器用+迂闊+意地っ張りというコンボで良かれと思ってしたことが裏目に出てしまうカシムに、そんな彼を誤解してきーっ!となるフェリシア。結局のところ言い合いとなり、どこまでもすれ違って行く二人にお前らいい加減にryと思いつつもニヤニヤが止まりませんでした。
 ハタから見れば気持ちはバレバレで、ポロリもあるのに、当事者はさっぱり気付かない&聞いてない。あれ、もしかして?と水を向ければ意地を張って全否定というw
 今回はカシムが女官・エステラ(フェリシアの変装)の正体に気付かず、フェリシアに似ている…ということでアレコレあるのもおいしいです。
 最後、愛のオアシス(笑)へ向かう体勢のままぐるぐるするカシムに、ええい、とっととやっryと心の中で叫んだのは私だけではないはずだ(フェリシアの反応がかわいかったなw)。
 
 カシムとフェリシアを纏めようとする周囲の努力も見逃せませんね。ルシュド、そこまで手をまわしていたのか!と感心(潜入捜査=実は花嫁修行だったとかも)。カシム、愛されてるわあ……。
 その他、カシムの妹・ルゥルゥがとってもキュートでぎゅー、としたくなりました。その恋心、私は応援するぞ!(歳の差カップル萌えー)
Loading...
Comment













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://calatte.blog56.fc2.com/tb.php/436-163bd634


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。