- `)。oO(少女小説読みの日記)

女子向けライトノベルの感想をだらだら綴ってます

2017 07  ||  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ||  2017 09

スポンサーサイト

   -------- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Loading...

本宮ことは「花迷宮」

   2010-05-24  Tag : 本宮ことは幻狼ファンタジアノベルス藤ちょこ
花迷宮(幻狼ファンタジアノベルス)花迷宮
・ 著者:本宮ことは
・ 幻狼ファンタジアノベルス
・ 2010/04
 両親を亡くし地下水路をねぐらに「仲間」と暮らしていた"ちび"。ある日、仲間たちとはぐれてしまった彼女は王城の衛士・菖莉に助けられる。「帰蝶」という名を与えられ菖莉の友人夫妻のもとで生活することになった少女は恩人である菖莉を慕いながら美しく成長していく。しかし、菖莉が「白き常世の花園」の衛士となり、都を離れることになって……。
 異世界へ通じる「門」を自らの体内に封じた「門の巫女姫」のラブファンタジー「雪迷宮」の続編。前作から二代後の王の時代を舞台にした別のお話で、王城の衛士・菖莉と、彼に拾われた孤児・帰蝶のお話です。
 これはよい歳の差(15歳差)ラブストーリー。少女の成長していく姿と恋心、そして周囲の人々の温かい思い遣りに何度も目頭が熱くなる素敵な物語でした。

 前作では巫女姫による日記が間に挟まる構成でしたが、今回は離れて暮らす帰蝶へ送った菖莉の書簡がお話の間に挿入される形で進んでいきます。
 はじめ友人夫妻に帰蝶の様子を尋ねる文面だったものが、帰蝶本人宛になり、子供あての簡単な内容から複雑なものへといった変化が面白く、そこから窺える菖莉の親バカ(兄バカ?)ぶりには顔が緩んでしまいました。

 帰蝶がこれまたすごくいい子なんですね。健気でいじらしくてしっかり者。周囲から愛されながら、さまざまな出来事を経験して成長していく様子、とりわけ花の美しさを知らなかった彼女が花売りとなることを選んだ姿にはこみ上げてくるものがありました。

 ほんの子供だった帰蝶が大人の仲間入りするまでになった時、本心はどうあれ兄と妹のようだった帰蝶と菖莉の関係に変化が訪れて。前作同様、二人をどうにか一緒にしてあげたい、このまま終わって欲しくないという気持ちが高まったところで、ああーそういうことだったのか!と活きてくる舞台設定。ちょっと強引?と思いつつも、よかったーと感無量です。

 今回、「門」の研究者という存在も登場し、一部の謎が解明されました。次回作があるなら、さらにそれに迫っていくお話になる模様。楽しみです。
Loading...
Theme: ファンタジー小説  Genre: 本・雑誌
こんにちは!お久しぶりです。
『花迷宮』買いました♪
『雪迷宮』が大好きだったので、こちらにもかなり期待しています!!

思えば、この『雪迷宮』の感想をめぐっていて、こちらさまにたどり着いたのでした…。
また読んだら、ブログに感想など書いてみたいと思います♪
[ 2010/05/25 10:52 ] [ 編集 ]
 小夜さんこんにちは。いつもお世話になっております♪
 「花迷宮」、もう読まれましたか?個人的にはすごくツボ作品でしたよ!
 前作のような驚きはなかったですが、素敵なラブストーリーでした。
 小夜さんもお気に召すといいなあ。ご感想、楽しみにしてますね~。

 ところで、小夜さんの「イメージが結ぶ~」を密かに楽しみにしております。(てか、ここで告白してすみません。。)
 「大迷惑」の神谷曜子には大ウケさせてもらいました!ヨーコ犬とか超懐かしすぎる!
 小夜さん、もしかしてやっぱり私と同年代なのかしら……と想像したりして(←失礼)
 こちらの続きも楽しみにしております。後半に難しい設問が多かった気がしますがぜひ完走してくださいね。

 ではではコメントありがとうございましたー!
[ 2010/05/25 23:04 ] [ 編集 ]
こんにちは♪
『花迷宮』なんですが、なかなか小説を読むコンディションにならず、読めてないんです…。
買って放置している本が部屋にはごろごろしていて、掃除もできず(汗)、どうしようかと思っています。
でも、今のところ早く読みたいなぁとは思っています♪
みあさんがおすすめの本ならきっと鉄板でしょう♪♪

ところで、「イメージが結ぶ~」、見ていただいてたんですね(汗)
最近、ちょっと回答ができていなくて申し訳ないです。疲れたらやめる、が前提なのですが(笑)

「ときめきトゥナイト」は、私はなるみちゃん世代なんですよ~(って年がバレますが(笑))。
私がりぼんを買い始めたときは、もう蘭世編は終わっていて…。
でも、蘭世のお話のほうが好きです。指輪のお話のあたりが一番好きです(ってご存知ですか?)。
コミックスは買ってなかったんですが、最後の愛良編まで読んでしまったお話でした。

長くなってしまってごめんなさい。しかもあまり意味がない気が(汗)
同世代かも?と仰っていただいて嬉しくなって書いてしまいました。
[ 2010/05/28 22:18 ] [ 編集 ]
 わわわ、なんだかプレッシャーをかけてしまったみたいでごめんなさいですー!!
 私の言葉はスルーしていただいて、小夜さんのペースで読んで&回答してくださいね。
 仕事じゃないんですから、重荷になるのはバカらしいですものね。コンディションの整わない時に無理して読んで(回答して)、楽しめないのではもったいないですし!

 >私はなるみちゃん世代なんですよ
 ぎゃー!失礼しました!間違いなく私よりお若いです!
 私はまさに5つの指輪編あたりがどんぴしゃ世代なのですよー(オバですいません)。あのあたり、切なくてほんと面白かったですよね~。
 前世が絡んでくるお話というのはこの作品がファーストコンタクトかもしれません。
 て、思わずこんなところでときめきトゥナイトについて語ってしまいました……。

 これに懲りずによかったらまた覗いてやってくださいませー。ではでは!
[ 2010/05/29 20:21 ] [ 編集 ]
Comment













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://calatte.blog56.fc2.com/tb.php/451-dc70418c


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。