- `)。oO(少女小説読みの日記)

女子向けライトノベルの感想をだらだら綴ってます

2017 03  ||  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ||  2017 05

スポンサーサイト

   -------- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Loading...

高殿円「プリンセスハーツ 君は運命の人だからの巻」

   2010-05-28  Tag : 高殿円ルルル文庫プリンセスハーツ明咲トウル
プリンセスハーツ~君は運命の人だからの巻~ (小学館ルルル文庫 た 1-8)プリンセスハーツ
君は運命の人だからの巻

・ 著者:高殿円
・ 小学館ルルル文庫
・ 2010/05/26

 パルメニア征服を目的に手を組んだ3人、アジェンセンの若き大公ルシード、王女メリルローズの替え玉としてパルメニアからルシードに嫁がされたジル、ルシードの首席秘書官マシアスらによる物語、シリーズ7冊目。今作は中編3つと短編2つ、さらにキャラクター紹介や辞典が収録された番外編です。


 恋のたまご

父親からのしつこい催促に、いもしない結婚前提の恋人がいると手紙に書いてしまったリュリュカ。ところが、大公妃の誕生日に合わせ父が都にやって来ることになり、相手探しに奔走するが……!?

 ジルの女官・リュリュカの結婚相手探し騒動。捕まえたのは……うわ、なんという意外な相手!……とはいえ、彼(ネタバレ:マシアス)のような重い過去を持つ人物を癒すのは、案外リュリュカみたいな素直なパワフル女子なのかもですね。リュリュカが一生懸命に紡いだ言葉が、彼の心の中に少しでも残ってくれたらいいなと思います。
 それにしても女官さんたちの「~し隊」はマニアックに細分化されすぎだと思う(笑)。


 月光賛歌

アジェンセン大公妃の誕生日。しかしそれはメリルローズの誕生日であり、ジルのそれではない。ルシードはジルが自分の誕生日を知らないことに驚き……。

 ルルル文庫公式サイト掲載の「月明かりの下で、まごころを君に」を加筆修正した作品。誕生日が不明のジルをルシードが祝ってあげようとするお話で、お互いの素の心に触れ仮面夫婦の距離がまた近づいた、という感じかな?ちなみに本編の示唆のようなものも含まれています。
 自分の経験と重ね合わせ、ジルの気持ちを慮ったルシードの飾り気のない優しさには心が温かくなりました。鈍感で素直じゃなくて酒乱のジルはかわいくて、いい感じの二人に最高にニヤニヤです。ルシード、もうジルの方が好きだって認めちゃえー!(え?違うの?)


 ひとたび、王女に生まれたのなら

ナンセ公爵サラミスとオズマニアの王女ケイカが結婚して2か月。幼馴染み・グレイスニーが自分の元を去り、裏切られたような気持ちを抱くサラミス。それはケイカにも覚えのある感情。サラミスに乞われケイカはオズマニア時代の話をすることになるが。

 ケイカのオズマニア時代、主にオースとの関わりを描く。重くてつらいお話です。"ひとたび王女に生まれたのなら、国に尽くさなければならない"という母の言葉を正しいと思いながらも、心を偽ってまでそうすることができなかったケイカ。そんな彼女が、現在はつきものが落ちたようにさっぱりし、未来に踏み出せるのは本当に良かったなあと思います。
 ケイカのオースに対する感情を知り、二人の今後を思わず期待してしまったのですがどうでしょう。あとがきによると、この作品は次回作(本編)に繋がるようなので興味津々です。


 大公殿下の温泉休暇

一週間の休暇をもぎとり、温泉にやってきたルシードだったが……。

 シリーズ4巻目「恋とおしのびは王族のたしなみの巻」についてきたドラマCD「両手の臣下は棘だらけの巻」の加筆修正バージョン。
 温泉を満喫!と思いきや、ジルの陰謀と余計な心遣いによって、受難としか言いようのない結果になる可哀そうなルシード(笑)。やっぱりそういうキャラだよね、殿下……(涙を拭く)。


 私の願いを叶える者よ

 結婚後すぐ身代わりであることを見破られてしまったジルは、結婚祝いの品の中にあった大きなサファイアの精霊ミゼリコルドと契約することに。

 ジルのとある一日。ミゼリコルドとの交流(?)を描く。ジルとミゼリコルドの出会い、ミゼルの望み、精霊そのものの秘密など謎の一端が判明します。こちらも本編を読み解く手掛かりが多分に含まれている模様ですね。深読みしようと思えばいくらでもできるという。しかし、私の頭では限界が……。
 今回は流されましたが、結婚式からルシードと手を組むまでの様子も読んでみたいものです。
Loading...
Comment













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://calatte.blog56.fc2.com/tb.php/455-f8955bb6


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。