- `)。oO(少女小説読みの日記)

女子向けライトノベルの感想をだらだら綴ってます

2017 09  ||  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ||  2017 11

スポンサーサイト

   -------- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Loading...

清家未森「身代わり伯爵の花嫁修業 I 消えた結婚契約書」

   2010-05-31  Tag : 清家未森ビーンズ文庫身代わり伯爵ねぎしきょうこ
身代わり伯爵の花嫁修業  I 消えた結婚契約書 (角川ビーンズ文庫)身代わり伯爵の花嫁修業
I 消えた結婚契約書

・ 著者:清家未森
・ 角川ビーンズ文庫
・ 2010/06/01
 シアラン大公となったリヒャルトと婚約したミレーユ。厳しいお妃修行が始まった矢先、リヒャルトの祖母である太后から、ミレーユとオズワルトの結婚契約書が行方不明となっていることを知らされる。悪用が懸念されるそれを、リヒャルトに知られることなく取り戻せば、大公を妃として認めるという太后。ミレーユは再び第五師団員となり結婚契約書を探しつつ、かつお妃教育を受ける二重生活に突入することになるが……!?
 リゼランドのパン屋の娘で実はアルテマリスの王弟の隠し子だったミレーユ、双子の兄・フレッド、フレッドの副官で実はシアランの王太子だったリヒャルトらによる王宮ラブコメディ、シリーズ12巻目。この巻からシアラン大公となったリヒャルトと婚約したミレーユの花嫁修業編です。とはいえ、そこは「身代わり伯爵」、まともな花嫁修業が行われるはずもなく、とっても楽しかったですー!

 なんといっても序盤のミレーユ&パパのやりとり、ミレーユ&リヒャルトのいちゃいちゃの破壊力が凄まじかったです。リヒャルトと既に一線を越えたと誤解してくれと言わんばかりのミレーユの言葉に、どんどん壊れて行くパパの様子にこちらの腹筋も崩壊。そして箍がはずれたまんま直球でミレーユに迫りまくるリヒャルトと、それを受けていちいちひゃあ!っと過剰反応しながらも応えようとするミレーユのやりとりが甘くて転げまわりました!

 一冊丸々これだと、こっちの体力が持たないし!と恐ろしくなっていたら、心の狭い親バカパパからいちゃいちゃ禁止令が(笑)。しかし、禁止されて耐えるのがまた萌えシチュだったりするのは気のせいですか。
 それにしても、いちゃいちゃは恥ずかしがるくせに、閨房術の習得、胸の成長、お色気の出し方などはおおっぴらに拘り、リヒャルトに頭を抱えさせるミレーユは本当に変でかわいいなあ(笑)。

 今回いちばん驚いたのは、ある女性に対するフレッドの気持ちが語られたことですね。どうしましょう、これ、すごく萌えるんですが……!ミレーユ&リヒャルトがくっついた現在、いちばん気になる二人かもしれません。

 なんだかどうも誤解しているというかさせられてる?っぽいキリル、何かを企んでいるらしいある人物の登場、さらに色々と伏線も仕込まれているようでどうなることやら続きが楽しみです。
Loading...
Theme: 角川ビーンズ文庫  Genre: 本・雑誌
こんばんはw
新章も楽しかったですよね! 序盤の怒涛の快進撃には本気で腹筋の疲労を心配したほどです(笑)。 禁止されて耐えるのが萌えシチュだっていうの、分かります。 今後はいつリヒャルトの理性が決壊するかを楽しみにしたいくらいです。 むしろ期待してるっ(笑)

>ある女性に対するフレッドの気持ち
仰るとおりです!! もう、どうしようかと。 エルアミーナ様に彼女の近況?を伝えるシーンにはホロリとしてしまいました。 好きは好きみたいだし、気になりますよねw
TBもさせて頂きました。
[ 2010/06/05 02:34 ] [ 編集 ]
 りるさんこんにちは!いつもお世話になってます。
 りるさんのお宅からいつもたくさんのお客さまがいらして下さって、ちょっとビクビクしつつもありがたく思っております(正座)。

 新章はちょっと蛇足になっちゃうんじゃないかなーと心配したのですが、まったくの杞憂でしたね!

>禁止されて耐えるのが萌えシチュだっていうの、分かります 
 わあ、りるさんに分かってもらえた!リヒャの我慢する姿そのものも楽しいし(←私も鬼w)、そしていつ辛抱たまらん!になるのかもうとても楽しみですよね!!

 フレッド関連、同意して下さって嬉しいです~。ていうか、婚約者だったとはびっくりしましたよね!?
 お相手の、素直になれずに暴力に訴えてしまう、それでいながら陰で乙女日記を書いてしまうかわいさが大好きなので(←名前を伏せている意味が全くないw)、フレッドが憎からず思っているのが分かって嬉しかったです。リヒャ×ミレーユとの二本立てで描いていってほしいなーと思います。

 りるさんのご感想も拝見しました!とても楽しんで読まれているのが伝わってきて、こっちまでにこにこです。(私もりるさんのように伝わる文章が書けるようになりたい……)
 ヴィルについての解釈におお!と。殿下かっこいいわ!!今回は特別な活躍はなかったですが、男を上げましたね。

 なんだかちっともまとまらず長文ですみません(汗)。コメントありがとうございました&更新を楽しみにしてます。ではではー!
[ 2010/06/05 19:35 ] [ 編集 ]
Comment













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://calatte.blog56.fc2.com/tb.php/458-11b8fb50

『身代わり伯爵の花嫁修業 ? 消えた結婚誓約書』 清家未森 (イラスト:ねぎしきょうこ) 角川ビーンズ文庫 平成22年6月1日 初版発行/¥5...
[2010/06/05 02:17] 空夢ノート+

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。