- `)。oO(少女小説読みの日記)

女子向けライトノベルの感想をだらだら綴ってます

2017 09  ||  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ||  2017 11

スポンサーサイト

   -------- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Loading...

神矢陽「修復士ラファエリア」

   2010-06-21  Tag : 神矢陽ビーズログ文庫くまの柚子
修復士ラファエリア (B’s‐LOG文庫)修復士ラファエリア
・ 著者:神矢陽
・ B’s‐LOG文庫
・ 2010/06/15

 モノの声を聞きその刻を戻すことができる少女・ラファエリア。同様の力を持つ者がかつて「修復士」として活躍したらしいことを知り、助手のミケ、ザロとともにチェブロッテで修復士の仕事を始めるが、持ち込まれるのは修理の依頼ばかり。そんなある日、200年間鎖国を続けているフローレツィア国から修復依頼が舞い込んでくる。使者・キルザスに伴われて向かったそこで、国王直々にとある小瓶の修復を求められるが……。

 神矢陽さんの久々の新作は、モノの声を聞き刻を戻す「修復士」の女の子による、どこか童話っぽい雰囲気のファンタジー。
 謎めいた国からの依頼を受けた主人公・ラファエリアだったが、依頼物の小瓶は修復を断固拒否、そこにはなにやら王に纏わる深刻な秘密が隠されていて、また修復士が王を殺すという言い伝えもあり、仕事は困難を極め……という感じ。
 肝心な問題が解決せず伏線も残されたままの「続く」なので微妙に消化不良ではあるのですが、むしろまた彼女たちのお話が読めるのは嬉しい、と思える好みの作品で面白かったです。

 まず、修復という仕事が魅力的。モノにもさまざまなキャラと事情があり、彼らをなだめたりおだてたりしつつ、刻を戻すというのにわくわくしました(小瓶ちゃんとの攻防にはニヤリ)。
 今回の件を通し、モノが刻を戻すのを望まないことや、刻を戻すことが必ずしも幸せに繋がらないといったことを学び、ラファエリアが修復士として成長していく様子がよかったです。

 ポジティブで困っている人を放っておけないラファエリア、彼女の助手で負けず嫌いの腕白ミケ、寡黙すぎるザロらは可愛く、イケメン好きの友人はなかなか大物で(笑)、フローレツィアからの使者で王の側近キルザスは尊大な慇懃無礼、王様は冷酷かと思えば意外な趣味お持ち、とキャラクターもいきいきしていて楽しかったです。
 ラブに関してはなぜかいまいちときめくことができず残念でしたが、お相手の背負うものはラブを盛り上げるはずだし、個人的にヴィジュアルは超好みなので今後に期待。

 (ネタバレ:一番驚いたのは小瓶ちゃんの人間化wイメージは大阪のおっちゃんだったのに!彼を交え)ますます賑やかになりそうな次巻が楽しみ。ちゃんと出版されるよう祈っています。
Loading...
Comment













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://calatte.blog56.fc2.com/tb.php/471-f3924eb3


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。