- `)。oO(少女小説読みの日記)

女子向けライトノベルの感想をだらだら綴ってます

2017 03  ||  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ||  2017 05

スポンサーサイト

   -------- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Loading...

広島・山口などを旅行してきました・2日目

   2010-07-16 
旅行2日目です。
 本日はまず、九州と本州を結ぶ関門海峡の下を通る関門人道トンネルを歩いて再び山口県へ向かいます。普通に歩いて15分ぐらいで九州から本州に行けるなんてびっくり。
CIMG1367.jpgCIMG1377.jpgCIMG1375.jpg

 トンネルから出た先には砲台、源平合戦像、安徳天皇の碑が立っていました。
CIMG1395.jpg

 次はバスで火の山公園へ。「瀬戸内海国立公園に含まれる標高268m火の山山頂にある公園。山頂からは関門海峡や関門橋、対岸の北九州の山並みが広がり、眺望は抜群」だそうですが、あいにくの霧でなあんにも見えませんでした(笑)。
CIMG1400.jpg

 次に角島大橋を渡り角島へ。日本海とは思えない、南国のようなエメラルドグリーンの海、ということですが、先だっての豪雨の影響で残念ながらごくふつーのよく見る海の色……。しかしいかにも人口の少ない島!という雰囲気があっていい感じです。灯台は大正時代製でいまだ現役とのこと。ここははまゆうの群生地をしても知られるらしいです。はまゆう、はじめて見ました。
CIMG1410.jpgCIMG1420.jpg

 角島を後にしてドライブインのようなところで昼食です。うーん、このお食事がいちばんアレだったかも……。
CIMG1435.jpg

 秋吉台へ。ここは、水に溶解しやすい石灰岩などで構成された大地が雨水、地表水、土壌水、地下水などによって侵食されてできたカルスト地形が広がります。カルスト台地の、なんというか、日本じゃないような風景に大変感動しました。この旅行中、個人的にはいちばん印象に残った風景かもしれません。
CIMG1446.jpg

 そして同じくカルスト地形である鍾乳洞・秋芳洞へ。ここは先日の豪雨でニュースになるほど水が溜まり、午前の時点では中にはいれるかわからない、入れても途中までになってしまうかもという話だったのですが、幸運にも午後になって開通し全部を見ることができました。
CIMG1483.jpgCIMG1488.jpg

 次は武家屋敷の町並みが残る萩へ。幕末の有名人ゆかりの家が立ち並びます……、が、到着時間が開館時間を過ぎていたので中は見学できず。オーマイガッ!!
CIMG1530.jpgCIMG1544.jpgCIMG1534.jpg

 吉田松陰の松下村塾、松陰神社は観ることができました。萩は伊藤博文、木戸孝允など多くの有名人のゆかりの地ですが、地元の方々はなんといっても松陰に思い入れがあるそうです。
CIMG1518.jpg

 本日の行程はこれにて終了。お宿は毛利伊予守の屋敷跡にあるという萩の北門屋敷さんです。お庭すてき!お夕食が豪華!担当の仲居さん(?)がちょっと微妙でしたが(わりと変わった部屋の鍵の掛け方に説明がなかったのです。鍵がかからないんですーってフロントに電話しちゃったよ。あと、お料理の説明もなかった。別のお客についていた仲居さんはしてたのになー)、まあ、些細なことです。
CIMG1570.jpgCIMG1575.jpgCIMG1561.jpgCIMG1563.jpg
Loading...
Theme: 国内旅行  Genre: 旅行
Comment













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://calatte.blog56.fc2.com/tb.php/488-4190417d


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。