- `)。oO(少女小説読みの日記)

女子向けライトノベルの感想をだらだら綴ってます

2017 05  ||  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ||  2017 07

スポンサーサイト

   -------- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Loading...

矢貫こよみ「悪い魔法使いはいりませんか?」

   2010-08-04  Tag : 矢貫こよみルルル文庫サカノ景子
悪い魔法使いはいりませんか? (ルルル文庫)悪い魔法使いはいりませんか?
・ 著者:矢貫こよみ
・ ルルル文庫
・ 2010/07/24

 "王子が18歳となった暁には必ずや呪いをかけてやろう"――砂漠に追放される際、そう言い残した悪い魔法使い・アルグル。しかし実行が面倒になった彼は、その役目を弟子・スイハに押しつけてしまう。やらなければ弟子失格、アルグルも笑い者に――アルグルを慕うスイハは、仕方なく王子・シャヤールを呪いに王宮へ。ところが何故か既に呪われていたシャヤールに返り討ちにされ、服従を余儀なくされる。そして彼の呪いを解く協力させられることになってしまうが……!?

 第三回ライトノベル大賞奨励賞受賞作。悪い魔法使いの弟子×呪われた王子+悪い魔法使いによるコメディ寄りのアラビアンファンタジー。
 王子様に呪いをかけにいったはずの悪い魔法使いの弟子の少女が、なぜか既にかけられていた王子様の呪いを解くことになってしまい、王宮などを舞台に奮闘するストーリーです。
 少女小説らしいファンシーな楽しいお話で、主人公・スイハが体当たりで取り組むアレコレにわくわくどきどき、すかっとしました。

 師匠である悪い魔法使い・アルグルの名誉を守ろうと必死になったり、強要されたはずなのに、いつのまにか王子・シャヤールの呪いを解くために頑張ってしまう元気いっぱい一生懸命なスイハがかわいかったです。

 そんな彼女が尊大でいい加減なアルグル、やっぱりエラソーで強引なシャヤールに噛みついていくやりとりが楽しくてニヤリ。
 また、自分を拾ってくれたアルグルに対する敬愛の気持ち、柔軟な考え方を持つ頼もしいシャヤールに心を開いていく様子はなかなかのむふふでした。

 ラブに関してはほんのり。お相手はどうやらシャヤールで、先生×生徒、年の差萌えの自分としては無念な気持ちもありますが、最後にちょっと見えたニブニブ無自覚スイハにシャヤールの結構積極的っぽいアプローチ、そこへお邪魔虫するアルグルという構図には超萌えたですよ!
 というわけで、続きが読みたいなあと思います。スイハをめぐりシャヤールとアルグルが火花を散らすのはきっとニヤニヤです。スイハの出生には事情がありそうだし、是非。
Loading...
Comment













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://calatte.blog56.fc2.com/tb.php/499-2dc153fc


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。