- `)。oO(少女小説読みの日記)

女子向けライトノベルの感想をだらだら綴ってます

2017 03  ||  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ||  2017 05

スポンサーサイト

   -------- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Loading...

小田菜摘「そして花嫁は恋を知る 紅の沙漠をわたる姫」

   2009-02-10  Tag : 小田菜摘コバルト文庫そして花嫁は恋を知る椎名咲月
そして花嫁は恋を知る―紅の沙漠をわたる姫 (コバルト文庫)そして花嫁は恋を知る―紅の沙漠をわたる姫 (コバルト文庫)
(2009/01)
小田 菜摘

商品詳細を見る

 ブラーナ帝国の皇女ユスティニアは、帝国の占領下にあるネプティス王国へ嫁ぐことになった。しかし、ネプティスへ向かう道中、前ネプティス王の息子ナティール率いる反乱軍に誘拐されてしまう。実はユスティニアは、つい先日まで帝都で薬師をしていたにわか皇女。人質の価値がないと発覚するのを恐れる彼女だったが……。
 政略結婚で嫁ぐことになるお姫様が事件や陰謀に巻き込まれ、その中で恋を知るまでを描いた読み切りシリーズの3巻目。
 相変わらず恋に関するもろもろの描写はうっすいんですが、主人公とヒーローの置かれた立場に萌えましたです。
 ヒーローは無愛想だけど賢く真っ直ぐで、とても好みのキャラでした。
 後半の展開がいろいろ予想外だったなあ。
Loading...
Comment













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://calatte.blog56.fc2.com/tb.php/67-15dd6d92


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。