- `)。oO(少女小説読みの日記)

女子向けライトノベルの感想をだらだら綴ってます

2017 05  ||  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ||  2017 07

スポンサーサイト

   -------- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Loading...

響野夏菜「鳥籠の王女と教育係 婚約者からの贈りもの」

   2009-01-06  Tag : 響野夏菜コバルト文庫鳥籠の王女と教育係カスカベアキラ
鳥籠の王女と教育係―婚約者からの贈りもの (コバルト文庫)鳥籠の王女と教育係―婚約者からの贈りもの (コバルト文庫)
(2009/01/30)
響野 夏菜

商品詳細を見る

 オーデット国の王女・エルレインは呪われていた。離宮から出ると死に、彼女に触れた異性はカエルになってしまうのだ。そんなエルレインにまさかの婚約が調った。大国エリアルダの王子・アレクセルに見初められたらしい。エリアルダは、エルレインの呪い解除係兼王妃教育係として、魔法使い・ゼルイークを派遣してきて……。
 「ダナーク魔法村」シリーズの過去世界が舞台のファンタジー+コメディの新シリーズ。呪われた王女様と、呪い解除係兼教育係、王女さまにベタボレの婚約者のお話です。やー、これは面白かったー。

 皮肉屋で有名な主人公・エルレインと、その彼女を絶句させるほどの舌鋒(?)を持つ呪い解除係兼王妃教育係・ゼルイーク。二人の攻防がとっても楽しかったです。
 さらに婚約者の王子様・アレクセルが登場すると(そのシーンのイラストに爆笑w)話はますます笑える方向へ。アレクセルは超マイペースの愛すべきおバカなんですが、色々迷惑を被っているらしいゼルイークは彼に対して微妙に強く出られないのが面白い(弱みを色々握られているらしい)。

 今までエルレインの前に現われては敗れ去って行った人々とは「違う」ゼルイークとアレクセルによって、全てを諦め心を皮肉で固めていたエルレインが前向きに変化していったのがよかったですね。

 エルレインにかけられた呪いの真相や解くことができるのか、そしてゼルイーク、アレクセルとの関係がどうなっていくのか、続きが楽しみです。
Loading...
Comment













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://calatte.blog56.fc2.com/tb.php/95-8462c275


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。